979円 多摩興業 サーモスタット スズキ エスクード/ビターラ 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 冷却系パーツ その他 多摩興業 サーモスタット 本物◆ スズキ エスクード ビターラ 979円 多摩興業 サーモスタット スズキ エスクード/ビターラ 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 冷却系パーツ その他 www.hiphopmusichistory.com,サーモスタット,スズキ,多摩興業,979円,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 冷却系パーツ , その他,エスクード/ビターラ,/firemaster3251876.html www.hiphopmusichistory.com,サーモスタット,スズキ,多摩興業,979円,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 冷却系パーツ , その他,エスクード/ビターラ,/firemaster3251876.html 多摩興業 サーモスタット 本物◆ スズキ エスクード ビターラ

多摩興業 サーモスタット 本物 スズキ 定番キャンバス エスクード ビターラ

多摩興業 サーモスタット スズキ エスクード/ビターラ

979円

多摩興業 サーモスタット スズキ エスクード/ビターラ



入数:1個

参考純正品番:1700-85820 | 17600-78E01 | 17600-82830 | 17600-85820 | 17600-85821 | 17670-63J00 | 17670-65D00 | 17670-66D00 | 17670-77E00 | 1A15-15-171

■適合車種
スズキ
エスクード/ビターラ TA11W/TD11W H20A H20A-144081迄 1994年11月~1996年09月
エスクード/ビターラ TA11W/TD11W H20A H20A-144082より 1996年09月~
エスクード/ビターラ TA51W J20A 1996年10月~1997年08月
エスクード/ビターラ TA52W J20A 1997年11月~2000年03月
エスクード/ビターラ TA74W M16A 2006年06月~
エスクード/ビターラ TD51W J20A 1996年10月~2000年03月
エスクード/ビターラ TD54W J20A 2005年05月~
エスクード/ビターラ TDA4W J24B 2008年03月~
エスクード/ビターラ TL52W J20A 1997年11月~2001年04月
エスクード/ビターラ TL52W J20A 2001年05月~2005年02月

こちらの商品は適合確認が必ず必要です。
カートに入れた後、注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください。
車輌情報がありませんと、再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします。


商品の詳細な情報はメーカーサイトをご確認ください。

■品番
W52SE-82 1700-85820 17600-78E01 17600-82830 17600-85820 17600-85821 17670-63J00 17670-65D00 17670-66D00 17670-77E00 1A15-15-171 170085820 1760078E01 1760082830 1760085820 1760085821 1767063J00 1767065D00 1767066D00 1767077E00 1A1515171
■関連事項
Thermostat 内燃機関 エンジン 温度調節機 Bottom Bypass Type ボトムバイパス型
■メーカー情報
TAMA ENTERPRISES
■適合情報
ESCUDO VITARA SUZUKI 鈴木
■その他
automobile motorcar オートモービル モーターカー カー 車 自動車 車両

多摩興業 サーモスタット スズキ エスクード/ビターラ

【プレスリリース】株式会社フクダ様の包装容器エアリークテスト装置 MSQ-2000シリーズにP-Flex®を採用いただきました

この度、弊社P-Flex®が株式会社フクダ様の包装容器エアリークテスト装置 MSQ-2000シリーズに量産採用をいただきましたことをお知らせします。
ご採用いただいた部位は、エアリークテスト装置の中心的役割を担う高精度圧力センサモジュール部になります。
エアリークテスト装置内部では複数の圧力センサモジュールを高密度に配置する必要があり、そのサイズは限りなく小型であることが求められます。通常、フレキシブル基板の採用は機器の小型化に適していますが、ロットサイズによってはイニシャルコストが課題となり、占有スペースの大きなケーブル配線を採用せざるを得ないというケースは少なくありません。弊社P-Flex® はその製法上量産コスト・開発コストの負担が少なく、ロットサイズにかかわらずモジュールの小型化に貢献できるという特長があり、採用頂きました。

エレファンテックとは

エレファンテック株式会社は、「新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る」というミッションを掲げ、インクジェット印刷と銅めっきを用いた環境に優しい製法でFPC P-Flex® を製造および販売しているスタートアップです。

今後は、多様な材料をデジタルデータをもとに必要な部分にのみ積み上げていく製法で、FPCの製造だけでなく3D回路形成やセンサー製造を始めとした様々な機能の印刷にも取り組みます。

デジタル技術で効率化した環境に優しいエレファンテックの技術を広げていくことで、持続可能な世界を実現していきます。

記事一覧

記事一覧 topへ

新着情報

品質向上への取り組み

品質試験

エレファンテックでは、品質保証および品質向上への取り組みとして、基材(PET・ポリイミド)ごとに右のような品質試験を行っています。
  • 耐屈曲性試験
  • 高温放置試験
  • 熱衝撃(低温・高温)試験
  • マイグレーション試験
  • ピールテスト
  • 耐屈曲性試験
  • 高温放置試験
  • HAST試験
  • 低温放置試験
  • 高温浸せき試験
  • 耐薬品性試験
  • マイグレーション試験
  • 表面層耐電圧試験
  • 熱衝撃(低温・高温)試験

試験方法・装置紹介

めっきプロセス 自動処理ライン:装置は全長10メートルあり基板の上に銀インクで印刷した回路の上に銅の層を形成する工程をおこないます。

耐屈曲性試験:試験方法は JPCA UB-1「フレキシブルプリント配線板 耐屈曲性試験方法 高速」に準ずるものです。

P-Flex®に電流を流した際の発熱から許容電流値を測定する様子と参考データをご紹介します。

エレファンテックはプリンテッド・エレクトロニクス技術で世界をリードするスタートアップです。

インクジェットプリンタで銀ナノインクを印刷し、その上から無電解銅めっきを形成する独自技術でFPCを製造しています。

私たちのミッション

新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る

エレファンテックについて

営業時間
10:00〜18:00
休業日 製造休 製造日
2021年 12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31